使用時の注意点

私たちの皮膚は、毎日紫外線や風、ホコリなどの刺激を受けています。皮膚の新陳代謝が健全に働くと古い角質が剥がれ落ち新しい皮膚が生まれます。ターンオーバーと呼ばれるものですが、年齢を重ねるとこのターンオーバー機能が衰え、古い角質が落ちずに皮膚がくすむ原因になります。
皮膚のくすみを気にする方は、美容皮膚科などでケミカルピーリングを行う方が多いようです。ケミカルピーリングは医療用の薬剤を用いて皮膚表面を溶かす(剥がす)もので、皮膚の再生効果があります。ただし医療行為ですので、医療技術者が行う必要があります。

ゴルフ08
また、市販のピーリング用のゲルを使用して自宅でケアする方法もあります。インターネット通販やテレビ通販などで手軽に手に入れることが出来るので多くの方が利用されているようです。

 
ただし、ピーリング用ゲルも、使用方法に注意しないと皮膚刺激などトラブルが発生することもあります。マイルドピーリングなどの名称で販売されていると、皮膚に優しいイメージがありますが、敏感肌や妊娠中の方などは皮膚刺激を受けやすいので注意してください。
皮膚のターンオーバーは、自然に行われるものです。無理に角質を取りすぎるのは皮膚を守るために良いことではありません。ピーリング用の化粧品を使う時は、自分の肌の状態を把握し、必要な時だけ使用する、また刺激を感じたらすぐに使用を中止するなど心がけてください。

オススメのエッセンシャルオイルのブレンド

エッセンシャルオイルのブレンドには、それぞれの香りでの相性があります。
ハーブ系には、柑橘系・樹木系があいます。
フローラル系には、柑橘系・エキゾチック系が合います。
香りの系統によって、こうした相性があり、相性があってこそいい香りがうまれるのです。

 

 

ハーブ系とひとことでいっても、たくさんの種類があり、代表的なもので、タイム・キャロットシード・バジル・フェンネルスィート・ローズマリー・マージョラムスィート・マージョラムスパニッシュ・セージになります。
続いて、フローラル系には、カモミール・カモミールモロカン・ジャスミン・ラベンダーアルパイン・ラベンダーフレンチ・ローズオットー・ローズアプソリュート・ネロリといったものがあります。

 

 

ハーブ系とフローラル系、どちらにも合うのが柑橘系です。
柑橘系には、オレンジ・ライム・レモン・レモングラス・メリッサ・マンダリンベルガモットといったものがあります。

 

 

アロマのブレンドは、何でもいいから自分の好きな香りを、混ぜればいいというわけでないのです。
相性のあった系どうし、もしくは同じ系統の香りの調和がとれて、はじめてブレンドしたいい香り、自分の好きな心地よい香りが生まれのです。

 

効果的な使用方法とは

アロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)の効果的な使用方法についてご紹介します。アロマテラピーはフランス語ですが、英語ではアロマセラピーです。歴史は古代のギリシャ・ローマにまでさかのぼり、初期は香を焚くという利用が多かったのですが、12世紀にはエジプトに伝わり蒸留技術が発達するとともにエッセンシャルオイルが医療に利用されるようになっていきます。アロマテラピーと呼ばれるようになったのは近代に入ってからで、フランスの調香師ガットフォッセがアロマ(芳香)とテラピー(療法)を組み合わせて作りだした言葉と言われています。現在ではエッセンシャルオイルの芳香により心身を整える民間療法として多くの人に利用されています。ゴルフ06例えば新しい場所に入居した時などは、ティートゥリーやユーカリの香りを焚くことで部屋の殺菌にもなりますし、それまで住まわれていた方の香りをリセットすることができます。同じように冬など風邪の流行する季節にもティートゥリーやユーカリは大活躍するエッセンシャルオイルです。エッセンシャルオイルを使って自分の肌質に合わせたスキンケアを行うこともできます。ローズウォーターなどの蒸留水とエッセンシャルオイルをブレンドすればオリジナル化粧水になりますし、ホホバオイルなどの植物油とブレンドすれば、マッサージオイルの出来上がりです。素敵なアロマライフをお楽しいくださいませ。

女性におすすめなヒーリング作用について

ストレス社会と呼ばれる時代、各個人が色々なストレスを抱えていますよね。でも、抱えっぱなしでは美容にも健康にも悪いんです。だから、最近になってどっと「癒し」ブームが来たのかもしれません。
癒しといえば、「ヒーリンぐ」って言葉、よく聞きませんか? 試してみたくても、何がおすすめか種類がありすぎてわかりませんよね。そこで、女性におすすめなヒーリんグ作用をまとめてみました!

 
これは、そもそも人生を楽しむ為のツールです。人生の豊かさを味わう感性を磨き、よりいっそう幸せを感じられるようにするのがヒーリングの目的です。心が健康になれば体も活性化し、強心、強壮、駆風などから回復することが大いにありえます。
思考を変える、つまりネガティブなエネルギーのデトックスとしても用いられます。

ゴルフ05

 
観光名所としても知られるフランスの宮廷では、大昔から女性が精神を病むほどのプレッシャーやストレスと戦い続けてきました。大量浪費に走ってしまったアントワネットを見れば、そのストレスの恐ろしさがわかるでしょう。そこで生み出されたのが「アロマテラピー」です。これはヒーリングの一つで、香りによって心を癒し、植物の有効成分によって体までいたわる方法です。街中はもちろんのこと、通販でも幅広くアロマオイル売られています。
みなさんもぜひ、自分にあったヒーリングを見つけてみてくださいね。

お肌への効果

お肌などに効果のある薬などにアレルギーがあって、使用することができる薬がある人もいます。
そのような場合は、ハーブなどを利用するといいということです。
フランスでは昔からハーブやアロマなどの自然のものを利用した手当てや薬、お茶などがありました。現在でもその効果を利用して肌荒れや体質改善などをしている人はとても多くいます。
ハーブでよく止血の効果や脱毛の効果があるといわれているものもあります。たとえば、メリッサなど誰でもよく知っているハーブなどには止血効果やリラックスさせる効果などがあるのです。
お肌に合わない薬を無理やり使わないようにして、昔からの自然療法も加えて体とお肌を元気にしているのです。自然のものなので、アレルギーなどの心配もほとんどみられないのがとても人気になっている秘密だといいます。
肌質や体質で飲み薬や塗る薬を使うことができない場合でもハーブなど自然のものを利用することで改善していくことはできるのです。フランスやヨーロッパではメジャーな方法で、各家庭で色々なものを利用したり、お茶として愛飲している人も多いといいます。怪我をしたときの止血やアレルギーがあっても大丈夫なものも多くあるので、それらの効果を大人から子供まで伝えていくこともあります。

体への効果

病院に行くほどではないけれど、体の調子が悪いときや気持ちが沈んだ時、月経痛が辛いとき、消化促進効果をアップさせたい時など、病気の改善や病気の予防などの体への効果も期待できるのがアロマオイルの力です。アロマテラピーの楽しさの一つに精油をブレンドすることがあります。複数のオイルをブレンドすることによって違った香りのハーモニーが生まれ相乗効果が期待できます。女性は月経前になるとイライラしたり憂鬱な気分になったり頭痛など様々な症状に悩まされる人が少なくありません。ゴルフ02原因はホルモンバランスの乱れといわれていますが、薬に頼ることなく自然に直したいと思うならアロマテラピーの力を借りるのがお勧めです。不安や緊張、ストレスの解消に効果的なのが甘くて濃厚な香りのイランイランです。また消化不良の改善などには爽快感あふれる香りの楽しめるグレープフルーツがお勧めです。明るく前向きな気持ちになりたい時や、二日酔いによる消化不良などに効果があります。むくみやセルライトの予防に効果的なのはサイプレス、安眠効果が期待できるのはラベンダーなどアロマテラピーを普段の生活に活用することで、からだへの様々な効果を得ることができます。

心への効果

アロマテラピーとは、芳香を意味する「アロマ」と療法を意味する「テラピー」という言葉が結びついて造られた言葉で、フランスでは古くから心と身体の不調を改善する療法として使われています。

 
日本ではまだまだ医療現場で使われる事が少ないのですが、この芳香療法がもたらす影響は測り知れません。
香りを嗅ぐ臭覚というものは、五感の中のひとつであり、人の神経を司っています。
その臭覚で良い香りを嗅ぐことにより、神経に刺激やリラックスを与えて脳の活動にも影響するという仕組みなのです。
脳神経、自律神経の不調によって起こるパニックやうつ、ヒステリーなどの病が増えていますが、これらの心の病も香りの力で改善する事が出来ます。
リラックスを促すラベンダーはよく心療内科などの受付で使われていますが、実際の研究で脳波に違いが出ていますから、その効能はかなり信用出来るものです。

 
ですからパニックやヒステリーなど、落ち着く必要がある病には最適な香りと言えるでしょう。
逆に、脳を活性化させる必要のあるうつ病に対しては、オレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘系が効果をもたらします。
それぞれの症状に合わせて最適なものを選ぶのがよいでしょう。

香りの特徴と主要成分について

シトラールはレモングラス等から採れる精油の主成分でもあり、ハーブとしても有名です。
バーベナやオレンジ等にも含まれ、その香りはレモンのような香りで少し甘味があり清涼感があります。
その香りからリラックス効果や気力の増強、さらに滅菌感染や真菌感染にも効果がある他、鎮痛や発汗作用も期待出来るので風邪の引き初めに使用すると良いでしょう。

 
その他の効能としてストレス軽減や精神安定、抗菌作用があります。
次にシトロネラールですが有機化合物の一種で、天然ではシトロネラ油やレモンバーム油の中に含まれており、石鹸やフルーツ系のフレーバーに使われる他、メントール等の合成原料にもなります。
香りはサンザシという盆栽の素材として好まれるバラ科サンザシ属の匂いに似ています。

ゴルフ01

 
そしてシトロネロールはシトロネラ油の50%を占める成分で、バラやペラルゴニウムの精油にも含まれており、香水や防虫に使われます。
柑橘系の香りであるシトラール等の香りは持続時間が短く、合成香料が開発されるまでオーデコロンとして使用されてきました。
ですがシトラールが主成分のレモンマートルは料理にも使え、ショートブレッドや魚料理、ケーキやお茶など幅広い用途でお使いいただけます。

 

フランスでの歴史と使われ方

アロマセラピーという言葉が使われたのはフランスの科学者の芳香療法という著書の中だと言われています。

 

けれども、その著書でアロマセラピーという言葉が使用されるよりはるか昔から、人々は植物の芳香成分を様々な治療に役立ててきたという歴史がありました。自然志向や健康に対する高い関心が寄せられる中、安全で実用性が高く、しかもファッショナブルさを兼ね備えた美容健康法として、フランスやイギリスアメリカやドイツなどの欧米諸国そして日本でもアロマセラピーは注目を浴びています。アロマオイルを使用したマッサージオイルには万病に効く様々な効果効能があります。例えば最もポピュラーなのが肩こりや腰痛、筋肉痛などを緩和する効果ですが、ホホバオイル、ラベンダーオイル、ローズマリーオイルをブレンドしたオイルで患部をリンパの流れに沿ってマッサージすることで辛い症状を和らげる効果があります。

 

 

また、心の状態が体に影響を与えるような心身症にはアロマの香りが有効です。ストレスが原因で起こるのが心身症ですが、ラベンダーのように鎮静作用のある香りをかぐことで不安やイライラした気持ちが和らぎ、鎮静効果を得ることができます。アロマセラピーを行うことによって体内のバランスが整えられ、自然治癒力が高まることで、体の様々な不調や傷の痛みなどを和らげたり、血圧を下げるなどの身体的な効果も期待できます。