効果的な使用方法とは

アロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)の効果的な使用方法についてご紹介します。アロマテラピーはフランス語ですが、英語ではアロマセラピーです。歴史は古代のギリシャ・ローマにまでさかのぼり、初期は香を焚くという利用が多かったのですが、12世紀にはエジプトに伝わり蒸留技術が発達するとともにエッセンシャルオイルが医療に利用されるようになっていきます。アロマテラピーと呼ばれるようになったのは近代に入ってからで、フランスの調香師ガットフォッセがアロマ(芳香)とテラピー(療法)を組み合わせて作りだした言葉と言われています。現在ではエッセンシャルオイルの芳香により心身を整える民間療法として多くの人に利用されています。ゴルフ06例えば新しい場所に入居した時などは、ティートゥリーやユーカリの香りを焚くことで部屋の殺菌にもなりますし、それまで住まわれていた方の香りをリセットすることができます。同じように冬など風邪の流行する季節にもティートゥリーやユーカリは大活躍するエッセンシャルオイルです。エッセンシャルオイルを使って自分の肌質に合わせたスキンケアを行うこともできます。ローズウォーターなどの蒸留水とエッセンシャルオイルをブレンドすればオリジナル化粧水になりますし、ホホバオイルなどの植物油とブレンドすれば、マッサージオイルの出来上がりです。素敵なアロマライフをお楽しいくださいませ。

コメント

コメントを受け付けておりません。